本文へスキップします。

【全?企日?PC】ヘッドリンク
【全?企日?PC】ヘッド検索フォーム
サイト內を検索
サイトマップ
【全?企日?SP】ヘッドリンク
【全?企日?SP】ヘッド検索フォーム
サイト內を検索
【參?企日?グループ】カテゴリタイトル

王子グループ

ページタイトル

産業資材?生活消費財ビジネス

コンテンツ

生活に密著した素材?技術を持続可能な形で提供し、將來にわたって社會全體の豊かさの向上に貢獻する「生活?社會サポート企業」を目指します。

小関 良樹
産業資材カンパニープレジデント
生活消費財カンパニープレジデント

売上高および営業利益の推移

2019年度は、売上高6,861億円(対前年+49億円)、営業利益409億円(対前年+185億 円)でした。産業資材事業は、製品価格改定や コストダウンの推進等により、前年比で増益となりました。生活消費財事業は、家庭紙全體 で販売數量増となり、前年比で売上高増となりました。
2020年度は、売上高6,670億円(対前年▲191億円)、営業利益370億円(対前年▲39億円)を計畫しています。

新型コロナウイルスによる影響

取引先の需要減等により、減収を見込んでいます。

産業資材事業

事業概要

産業資材事業

段ボール、紙器、紙袋といった各産業に不可欠な包裝資材について、原紙製造から製品加工、さらにパッケージデザインまでの素材?加工一貫の生産?販売體制を備えており、お客様のニーズにタイムリーに対応しております。

事業戦略

國內事業の収益力アップ

関東地區での段ボール需要拡大に対応すべく建設していた、千葉県船橋市の新 工場が2020年7月より営業生産を開始しました。今後は、新たな段ボール需要を 積極的に取り込み、供給量を拡大することで、関東地區での段ボール事業の競爭力 強化を図っていきます。
一方で、國內需要の構造的な変化に対応する生産體制再構築の一環として、王子 マテリア名寄工場の製造設備の停機および王子製紙苫小牧工場への移設や、同工 場新聞用紙設備の段ボール原紙?クラフト紙製造設備への改造も進めています。
今後も素材?加工一貫での収益基盤をさらに強固なものとするため、國內の事業構造の最適化に向けた様々な投資を進めていきます。


千葉県船橋市 新段ボール工場

海外事業の拡充

當カンパニーは東南アジア?インド?オセアニア地域では9ヶ國45拠點で事業展開してい ます。これまで、増大するパッケージ需要に応えるべく加工拠點の増設?増強を中心に事業を 拡大してきましたが、2021年稼働に向けてマレーシアで段ボール原紙製造設備の新設を進めています。これにより、海外でも素材?加工一貫での事業展開をより一層進めてまいります。
段ボール新工場は、2020年稼働済のカンボジア?インドに加え、インドネシア(初進出)?マ レーシア?ニュージーランドで稼働準備?建設を進めています。今後も地域?市場ごとにリスク とリターンを見極め、新拠點設立とM&A雙方により、事業拡大を進めていきます。


インド グジャラート州 アーメダバード段ボール新工場

海外の主な拠點


イノベーションの推進

 段ボールの中でも特に需要の拡大が期待される通販分野に向けて、王子ホールデ ィングス?イノベーション推進本部と協働で、次世代の包裝ソリューション「OJI FLEX PACK’ AGE」を展開しています。専用の連続段ボールシート「らくだん」を用いたセミオート?フルオートでの自動包裝システムや、規格サイズの段ボールを用いた高さ可変自動封函システムにより、お客様に対して省資源?省コストを提案すると同時に、當カンパニー製品の拡販も図っていきます。


自動包裝システム給紙部の「らくだん」

生活消費財事業

事業概要

生活消費財事業

肌ざわりや使い心地の良さ、機能性を追求する生活品質。森を守るために採用した、FSC®認証紙※をはじめとする環境品質。お客様の思いと共に社會に貢獻していくCSR 活動などの社會品質。王子ネピアはこの3 つの品質を追求し、家庭紙事業および紙おむつ事業の領域で、営業?マーケティング?生産が一體となって取り組んでいます。(王子ネピアFSC®ライセンスコード:FSC®C018118)
※FSC®は、世界でもっとも広く認められている森林認証制度です。大切な自然を守るために、森林や木材が適切に管理されているかどうか、切った分の木をきちんと植えているか、などをチェックしています。FSC®認証マークがついている製品を選ぶことは、世界の森林を守り育てる活動を応援すること、持続可能な森の未來につながります。



ネピア
プレミアムソフトトイレットロール
ネピア
プレミアムソフトティッシュ
ネピア
鼻セレブティッシュ3 コパック
ネピア
Genki! パンツ


事業戦略

國內事業の収益力アップ

家庭紙事業では、市場の伸びが期待されるトイレットロールについて、長尺ロールや プリントなど付加価値の高い製品を投入していきます。2020年7月に稼働した江蘇王 子製紙の新マシンで生産された原紙を用い、王子マテリア江戸川工場內に新たに導入し たトイレットロール加工設備にて、2020年秋には生産、販売開始予定です。首都圏への 供給體制を整備するとともに、物流の合理化も進めてまいります。
 また、紙おむつ事業では、市場シェア獲得のため、子ども用おむつ「ネピアGenki! 」の拡販 に加えて、介護現場が抱える課題を解決する、大人用おむつの商品開発を進めていきます。


王子ネピア江戸川工場(王子マテリア江戸川工場內)

海外事業の拡充

子ども用紙おむつの消費拡大が見込まれる東南アジアや中國での開拓を進め、生 産?販売の両面で拡充を図ります。
 マレーシアでは、生産體制再構築による能力増強と生産拠點統合による効率化を行 い、域內最大の人口を抱えるインドネシアでは、2020年1月に稼動した自社工場生産に より需要増に対応し、今後も生産増強を図ります。また、その他の東南アジア各國向け には、マレーシア生産品の輸出に加えてGenki!やWhitoなど品質の高い「日本品」の 供給を拡充し、新たな進出先の探索に努めます。
 中國では、ドラえもんパッケージの新規導入やEコマースへの積極展開など、新たな お客様の発掘を進め、「日本品」の輸出による販売の拡充を継続していきます。


中國向け「Genki(! ドラえもんパッケージ)」


海外の主な拠點


イノベーションの推進

 中國では、ハイエンドポジション(高付加価値?高価格帯)の ベビー紙おむつの成長が著しいため、2020年秋に「ネピア Whito Premium」を新たなラインアップとして発売します。 消費者ニーズに即して、おむつの內側は厚手の不織布を採用 し、ふんわり感と逆戻り性能を向上させました。さらに、おむ つの外側には高級感のある肌ざわりを実現した不織布を採用 しました。國內は、「Genki!パンツ」のパッケージデザインを変 更し、店頭におけるリフレッシュを狙います。

a片无限看- 无限在线观看免费